11.11 !

11月11日 日曜日

東京で行われた”11.11 反原発 1000000 人大占拠”を支援するために、ベルリンのブランデンブルグ門前にてベルリン在住の音楽家ながはりまなみさんによるパフォーマンスが行われました。ベルリンを拠点とする原発に反対する人々だけでなく、デュッセルドルフからも応援にかけつけてくださった方もおられました。

まなみさんによるスピーチ(ドイツ語、のち日本語)堂々としてりっぱでした。いやあ立派でした。

気の遠くなる思いで日本に建っている原発と同じ数、54個の赤いろうそくに灯を点します。

そしてまなみさんによる越天楽今様のパフォーマンス。

[越天楽今様について]
13世紀、鎌倉幕府は開発と経済優先の国づくりをはじめていたが、自然を痛めつけてばかりでは国が滅びると憂慮している人々がいた。その一人が禅僧、道元の叔父とされる慈円である。越天楽今様の歌詞はこの慈円によるもので、春夏秋冬の風光を詠んで自然と共生交感する素養を培いなおそうという、いわば当時の新たな「国おこし」のためのテーマソングあった。
(松本章男著「道元の和歌」より一部抜粋)
その後、集まってくださった方が次々に白いろうそくへ火を点します。原子力などなくても、わたしたちは別の方法で、わたしたちの手で炎を点すことができる、という決意の現れなのです。

黙座しました。ブランデンブルグ門の前でです。
沈黙はどんな場所でも、どんな立場や考え方の人にも平等に作用します。声とは、耳に聞こえる言葉だけをさすのではないのです。

締めには、デュッセルドルフ風のシュプレヒコールを皆でがなりました。こんな愛らしいシュプレヒコールもなかなかありません。前向きな感情のこもった、シュプレヒコールでした。

この日の集まりは終始平和的、開いた雰囲気で、普段出会うことのできない、生活圏の違う方達や世代の違う方達と出会い、同じテーマで語り合うことのできる貴重な場となりました。
東京は当日あいにくの雨、東京都が日比谷公園の使用許可を出さない等決していいコンディションとはいえなかったようですが、流れを絶やさないこと、外へと発信していくことが重要なのだと確認しあいました。

photos by Tsukasa Yajima

Advertisements

2 thoughts on “11.11 !

  1. はじめまして、日本で反原発の取り組みをしている「原発・核燃とめようかい」の福島和夫と言います。11日のベルリンでの取り組みを知って、とてもうれしく思いました。
    「日本政府の原発再稼働反対、すべての原発の即時廃炉」の呼び掛けが世界中で行われていくことが、たとえ、参加者数は少なくて、周囲から冷たい視線をあびようとも、この取り組みはやがて広がってゆきます。なぜなら、原子力事故は制御できないからです(いまだにTM事故、チェルノブイリ事故、福島原発事故も解決できていません。)
     厳しい反対運動の現実に踏まえながらともに励ましあい、助け合ってゆきましょう。

    •  こんにちは、コメントをどうもありがとうございます!福島さんのお名前はよくお見かけしております。いろいろな情報を日本から発信していてくださること、とてもありがたく思っています。
       私はここベルリンでは幸運なことにまだ周囲から冷たい視線をあびるような経験をしていないのですが、そういう出来事があったときにひるまないよう、隣の人と人のつながりを忘れないようにしたいです。
       どうぞお体気を付けて。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s